works

ザ・ビートルズ史〈誕生〉上・下

ザ・ビートルズ研究の第一人者マーク・ルイソン(Mark Lewisohn)が完成まで25年という歳月をかけて執筆中の、三部構成の「ザ・ビートルズ歴史書」の第一部です。 しかし、上下巻で合計1650ページ以上というボリュー……

read more »

works

ザ・ビートルズ・サウンドを創った男─耳こそはすべて─

「The Fifth Beatle」と呼ばれている人物は何人かいますし、ザ・ビートルズのメンバーたちも誰を「五人目のビートル」と呼ぶかについてはそれぞれあるようですが、いずれにせよ、恐らく一番最初にそう呼ばれた人物はこの……

read more »

works

河江肖剰の最新ピラミッド入門

「ピラミッドといえば」で思い浮かぶ名前が世代によって違うでしょうが、今後はこの河江肖剰さんになるだろうということです。 本文も全ページやらさせていただき、レイアウトしながら全文読みましたが、これまで常識と思われていたこと……

read more »

works

催眠をはじめるときに知っておきたかった101のこと

「催眠」と聞いて「いかがわしさ」を感じるとしたら、それはあなたが「いかがわしい」からです。 『治療は言葉によって行われています。』ということで、医師が治療の現場で日常的に使う技術でもあるそうです。特に外科領域や歯科医師が……

read more »

works

オリエンタルピアノ

本の内容については毎日新聞「今週の本棚」で池澤夏樹さんが書評『アラブからヨーロッパへ 融和の誘い』というのをお書きになっているので、もうそちらを見ていただければ。 レバノンとフランスを行き来するBD(ベーデー)です。移民……

read more »

works

プロ通訳士が教える はじめてのボランティア英語ガイド

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるのに伴い、ボランティアで英語のガイドをしようという方が増えているのだそうです。 「ボランティア」という言葉で思い出すのが、もう20年くらい前の事になりますが、NYの……

read more »

works

谷山恭子 街のはなし2016

現代美術作家 谷山恭子さんが横浜市青葉区のたまプラーザにある美しが丘の住宅街で美術展を開催しているAOBA+ARTで、毎年行っている活動のひとつ『街のはなし』も三号目になりました。 と、思って過去作を辿ろうと思ったら、い……

read more »

works

時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人

ロックフェラーが億万長者になるまでに46年。デル・コンピューターのマイケル・デルは14年。ビル・ゲイツは12年。ヤフーが4年。ebayは3年。などなど。我々が暮らしている現代のスピードがいかに上がっているか、そしてその現……

read more »

works

八丁堀 SORALA

広島にある百貨店「福屋」の八丁堀本店の屋上にできたパブリックガーデンのロゴを担当させていただきました。 この八丁堀本店(1929年/昭和4年創業)の建物は現存する数少ない被爆建造物のひとつだそうです。そこの屋上に新しくパ……

read more »

works

読むだけでやせ体質になる! こころとからだのダイエット・セラピー

こういうことだと思います。「いまの自分を作っているものは毎日の積み重ねでしょ」っていう。 この本とはまた違いますが、「測るだけダイエット」みたいなものも結局はその毎日をどう意識づけていくのか?ということの一つの回答例なの……

read more »

works

谷山恭子 なぜその風景が面白いのか

2016年の7月から3ヶ月以上に渡って府中市美術館で公開制作された現代美術作家 谷山恭子さんの展示会のフライヤーを担当させていただきました。 基本的に「それぞれの土地の持つ属性」と「そこに含まれる主観」というのが現代美術……

read more »

works

〔はたらくくるまシリーズ〕こうじのくるま

「おたすけこびと」シリーズの絵を担当されているコヨセ ジュンジさんの新作の絵本を担当させていただきました。 中面のレイアウトもやらさせていただいてます。 といっても、最初にいただいたラフを元に全ページのレイアウトをまず起……

read more »

works

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

ザ・ビートルズの「リボルバー」から「アビー・ロード」までのほぼすべてのレコーディングでエンジニアを務めた方の自伝です。回顧録というべきか。 「ほぼすべて」と書いたのは実際には「ホワイト・アルバム」の途中でスタジオの雰囲気……

read more »

works

〔ストレンジ・フィクション〕ロデリック

ストレンジ・フィクション・シリーズの最終巻です。前回から実に3年ぶり。初巻から6年越しで完結です。 ゲラを読んで最初に思ったのは「これをよく訳せたなぁ」でした。英語で書かれた文章のそれもかなりレトリックを駆使した文章であ……

read more »

works

英語冠詞大講座

英語の冠詞は難しいんだそうです。英語を長年勉強してきた人でも難しいらしいです。なぜなら発話者のイメージに左右されることもあるそうで、ネイティブでもある程度揺らぎがあるからだそうです。 でも、論理的に押さえられるところはし……

read more »

works

ナショナル ジオグラフィック 秘密の地下世界

「究極の洞窟」につづいて暗いところです。 洞窟は一応自然にできたものを指すのだと思いますが、こちらは人間の手で作られたものを含みます。 トルコ・イスタンブールの地下貯水槽。 古代ローマ時代から19世紀まで建築用の岩が切り……

read more »

works

あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。

ひすいさんの本は「あした死ぬかもよ?」という本に続いてこれが二冊目です。もうタイトル通りで「視点」「認識」「見ている世界」がいまのあなたを作っているんですよ。ということだと思います。 それさえ分かれば、あとはそれをどう落……

read more »

works

ケンブリッジ・オックスフォード 合格基準 英国エリートたちの思考力

「オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題と著者がそれに対して真面目に模範「回答」を書いています。が、問題そのものが考え方を導き出すような、答えがひとつではない質問になっているので、真面目に回答しようとすればする……

read more »

works

オンライン英会話 すぐに使えるフレーズ800

オビなしの本です。 そういう本の場合、オビの要素をカバーの構成要素としてどう取り入れていくかというのがキモになるのですが、これはかなり積極的に絡めていった例(当社比)になります。 こういう場合のヒントはガイドラインの引き……

read more »

works

キング・オブ・スタイル 衣装が語るマイケル・ジャクソンの世界

我が人生初のマイコー本です。 マイコーについてはいろいろ思うところがあるのですが、2015年にケンドリック・ラマーが出した「To Pimp a Butterfly」で数回ケンドリックがマイコーについて言及していて、なんと……

read more »

works

メンタルが強い人がやめた13の習慣

この本はもともとブログに投稿されたものが評判になり、フォーブス誌のウェブ版に転載された後、たくさんの読者を獲得し、のちに書籍化されたものだそうです。 著者は心理療法士として患者さんを見た経験と、最愛の人を相次いで亡くした……

read more »

works

ナショジオが行ってみた究極の洞窟

カメラを撮影する際に「ISO感度」というのをフィルムの場合は選択、デジタルの場合は設定するのですが、その数値が大きくなればなるほど暗いところでの撮影が容易になります。 レンズの絞りとシャッタースピードとISO感度が関連す……

read more »

works

あなたの自己回復力を育てる 認知行動療法とレジリエンス

2010年に同じ出版社から出ていて、わたしがブック・デザインを担当させていただいた「認知行動療法100のポイント」の共著者のひとりがこの本の著者なので、その本(このHPの一番最後のページにあります)と兄弟に見えるようにデ……

read more »

works

アディクション臨床入門 家族支援は終わらない

昔はアルコール中毒やニコチン中毒と「中毒」という表現をしていましたが、現在ではその状態のことを「アディクション(嗜癖)」と呼ぶのだそうです。「中毒」と「アディクション」の間の時期は「依存症」とも言っていました。かつて「中……

read more »

works

学校図書 中学校 国語 1〜3

中学校の国語の教科書のデザインを担当させていただきました。「指導要領が改訂されるたびに追加されつづけている教科目標のおかげで非常に複雑な教科書になっている」というのが最初お話をいただいた際に全社の教科書を見た時の印象でし……

read more »

works

学校図書 中学校 国語 1

今回の中学校の国語の教科書に素敵な絵を書き下ろしてもらったのがクサナギシンペイさんです。1年生は「日本の動物」がテーマで、表紙と各扉ですべて共通させています。1年生の表紙はカモシカ。 さらに巻頭には詩「谷川俊太郎 はる」……

read more »

works

学校図書 中学校 国語 2

2年生は「日本の花」がテーマで、表紙は侘助。 巻頭詩は「草野心平 おたまじゃくしたち四五匹」です。

read more »

works

学校図書 中学校 国語 3

3年生は「日本の鳥」がテーマで、表紙は丹頂鶴。 巻頭詩は「長田弘 最初の質問」です。

read more »

works

学校図書 中学校 国語 編集の主旨と特色/観点別内容と特色

教科書を採択する際に参考にされる資料も作成しました。普通はこの二つ(「編集の主旨と特色」と「観点別内容と特色」)は二冊に分冊するのですが、予算の都合もあり、ちょっと工夫して一冊にまとめました。 「編集の主旨と特色」は縦組……

read more »

works

かわいくて愛すべき生きもの。大阪のおっちゃん!

企画にデザインが引きずられてうまくいかないということがあるのですが、この本はそうなっちゃいそうな企画でした。「大阪のおっちゃん」→「コテコテ」→「ベッタリした感じ」になっちゃってどうにもまとまらないというパターンですね。……

read more »

works

やさしいみんなのペアレント・トレーニング入門 ACTの育児支援ガイド

サブタイトルは「ACTの育児支援ガイド」です。「ACT」とは「Acceptance & Commitment Therapy(アクセプト&コミットメント・セラピー)」の略で直訳すると「受け入れて関わる心理療法」……

read more »

works

ナショナル ジオグラフィック 世界の美しい聖地

「空」「世界遺産」とつづいて、今度は「聖地」です。今までよりは読み物に近い感じの構成です。ただ写真を見るだけでなく、その背景にある歴史を知ったうえで理解される美しさです。

read more »

works

ナショナル ジオグラフィック 絶景世界遺産

「空から見た美しき世界」が好評だったので、同じ版型で今度は世界遺産です。これが後々ゆるいシリーズのようになっていくのですが、ナショジオの持っているコンテンツ力を実感させられることとなります。もちろんコンテンツ力だけじゃ駄……

read more »

↑ page top
← back

1 2 3 4 next >>