出会う 伝える 初女さん展

大学生の頃からいつか観ないといけないと思いつつなぜか観ていなかった映画で、しかも数年前からたまたまわが家にジャック・マイヨールとダライ・ラマが出ているので特に観てみたいと思っていたその第二番のDVDがあるにも関わらず、こ ……

read more »

〔はたらくくるまシリーズ〕まちのくるま

はたらくくるまシリーズの第二弾で今回はまちのくるまです。 カバーと表紙はプロセス4色に特色1色の5色印刷。本文は試行錯誤の末にシアンとスミはママ、マゼンダに蛍光を50%プラス、イエローはTOKAのサターンイエローに差し替 ……

read more »

生存する意識 植物状態の患者と対話する

この本の眼目をプロローグから引用しますが「物事を認識する能力が皆無だと思われている植物状態の人の15〜20パーセントは、どんなかたちの外部刺激にもまったく応答しないにもかかわらず、完全に意識があることを、私たちは発見した ……

read more »

カウンセリングテクニック入門 プロカウンセラーの技法30

この本はもともと「臨床心理学増刊第7号」として刊行されたものの単行本化です。 ここにアップし忘れてますが、第7号の表紙も担当していて、その時の表紙に使った同じ紙をこの本の本体表紙に使っている以外は全然デザインを変えていま ……

read more »

臨床心理学増刊第10号「当事者研究と専門知 生き延びるための知の再配置」

臨床心理学増刊第9号「みんなの当事者研究」の記事でめんどくさいと書いてしまいましたが、この本の冒頭で責任編集の熊谷さんが「当事者研究と専門知」について、その「当事者研究」を獣道、「専門知」を舗装道路と表現されています。め ……

read more »

臨床心理学増刊第9号「みんなの当事者研究」

ちょっと誤解があるかもしれませんが、私が理解している範囲のことを書きます。「坂本龍馬はアスペルガー症候群だった」みたいな話があります。仮に坂本龍馬がアスペルガー症候群だったとして、(彼が現代に生きていたら)アスペルガー症 ……

read more »

バビロンの大金持ち

read more »

Command and Control

核は暴走する アメリカ核開発と安全性をめぐる闘い〈上・下〉

核兵器が世界から完全になくなったとしても、それで世界が平和になるわけではない。しかし、核が使われたらどんなことになるのかを人類は知っている。おそらく日本人ならなおさらでしょう。 しかも広島・長崎で使用された爆弾の中に入っ ……

read more »

「蓋然性」の探求 古代の推論術から確率論の誕生まで

蓋然性(probability)に「」(カギカッコ)がついていなかったら、このタイトルの組み方は not probably だったでしょう。 ということで、probability をきちんと掬い上げることができたと思いま ……

read more »

メンタルが強い親がやめた13の習慣

この本の最初に出てくるものが「わが子に被害者意識を持たせる習慣」で、「多くの場合、被害者意識は自己暗示に変わる」。そして「被害者意識は、おおむね学習行動だ。『コップに半分しか水がない』と考えるタイプの親は、無意識のうちに ……

read more »

オックスフォード&ケンブリッジ大学 さらに世界一「考えさせられる」入試問題 「まだ、あなたは自分が利口だと思いますか?」

read more »

街のはなしロゴ

4年目に入った「街のはなし」は元々横浜市青葉区美しが丘で開催されていたAOBA+ARTという美術展の作品としてはじまったのですが、2017年から住民の方々が立ち上げた「街のはなし実行委員会」を主体とし、独立した形で運営さ ……

read more »

街のはなし 2017/2018

2014年から続いているプロジェクトの4年目です。現代美術作家 谷山恭子さんが、横浜市青葉区のたまプラーザにある美しが丘の住宅街で続けている『街のはなし』というプロジェクトで、毎年美しが丘のいろんな世代にわたる住人数名に ……

read more »

オックスフォード&ケンブリッジ大学 世界一「考えさせられる」入試問題 「あなたは自分を利口だと思いますか?」

以前に単行本も担当させていただいていた本の文庫版になります。以前にもましてタイトルが長〜くなってます。 2017年の11月に発売されて2018年1月中旬現在で7万部という売れ行きだそうで、多くの人に受け入れられているとい ……

read more »

火星からの侵略 パニックの心理学的研究

1938年のハロウィンの晩にオーソン・ウェルズが、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』を題材にしたラジオドラマを放送。それを聞いた全米100万人以上の人々がパニックに陥った。という有名な話がありますが、この本はそれがなぜ起こり ……

read more »

1日1つ、なしとげる! 米海軍特殊部隊SEALsの教え

いい本です。個人的には戦争そのものすら受け入れる気持ちはなく、彼は軍人で人も殺している訳ですからちょっと複雑なんですが、しかし、自分の信じたことをなしとげてきた人間が持つ説得力というものがあるのは事実です。 ここに書かれ ……

read more »

英語で伝えたい日本紹介きほんフレーズ2100

 

read more »

ライニング・サイエンス「走る」を科学する

 

read more »

最善の結果を出す最強コミュニケーション 念のため思考

イベント・フローラル・デザイナーとしてアメリカで成功している徳升笑子さんの初の著書です。 失敗しないために「念のため思考」を身につけましょう。という本なんですが、この方自身はちゃんと失敗してきているんですね。その失敗から ……

read more »

東大名誉教授と原文で楽しむ 英文読書術

「外国語を覚える(習得するのに)一番いいのはその言語で書かれた本をなんでもいいから読んでみることだ。分からない単語があったら、調べてもいいし、文脈から予想してもいいし、分からないまま読み進めてもいい」という意味の記事を、 ……

read more »

英語語彙大講座

以前にデザインさせていただいた、『英語冠詞大講座』の第二弾です。前回と、どこを変えてどこを変えないか。です。  

read more »

ザ・ビートルズ史〈誕生〉上・下

ザ・ビートルズ研究の第一人者といわれているマーク・ルイソン(Mark Lewisohn)がライフワークとして、ザ・ビートルズについて調べられるものについてはひとつも書き漏らさないよう徹底的にリサーチしながら現在も執筆し続 ……

read more »

ザ・ビートルズ・サウンドを創った男─耳こそはすべて─

「The Fifth Beatle」と呼ばれている人物は何人かいますし、ザ・ビートルズのメンバーたちも誰を「五人目のビートル」と呼ぶかについてはそれぞれあるようですが、いずれにせよ、恐らく一番最初にそう呼ばれた人物はこの ……

read more »

河江肖剰の最新ピラミッド入門

「ピラミッドといえば」で思い浮かぶ名前が世代によって違うでしょうが、今後はこの河江肖剰さんになるだろうということです。 本文も全ページやらさせていただき、レイアウトしながら全文読みましたが、これまで常識と思われていたこと ……

read more »

催眠をはじめるときに知っておきたかった101のこと

『治療は言葉によって行われています。』 この一行を引用するだけで、この本の価値が分かると思います。  

read more »

オリエンタルピアノ

本の内容については毎日新聞「今週の本棚」で池澤夏樹さんが書評『アラブからヨーロッパへ 融和の誘い』というのをお書きになっているので、もうそちらを見ていただければ。 レバノンとフランスを行き来するBD(ベーデー)です。移民 ……

read more »

プロ通訳士が教える はじめてのボランティア英語ガイド

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるのに伴い、ボランティアで英語のガイドをしようという方が増えているのだそうです。 「ボランティア」という言葉で思い出すのが、もう20年以上前にNYのセントラル・パーク ……

read more »

谷山恭子 街のはなし2016

現代美術作家 谷山恭子さんが、横浜市青葉区のたまプラーザにある美しが丘の住宅街で美術展を開催しているAOBA+ARTで毎年行っている活動のひとつ、『街のはなし』も三号目になりました。 『街のはなし』とは、毎年美しが丘のい ……

read more »

時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人

ロックフェラーが億万長者になるまでに46年。デル・コンピューターのマイケル・デルは14年。ビル・ゲイツは12年。ヤフーが4年。ebayは3年。などなど。我々が暮らしている現代のスピードがいかに上がっているか、そしてその現 ……

read more »

八丁堀 SORALA

広島にある百貨店「福屋」の八丁堀本店の屋上にできたパブリックガーデンのロゴを担当させていただきました。 この八丁堀本店(1929年/昭和4年創業)の建物は現存する数少ない被爆建造物のひとつだそうです。 昔は百貨店の屋上と ……

read more »

読むだけでやせ体質になる! こころとからだのダイエット・セラピー

以前、別の形で出版されていたものの改装版です。 本文の流し込みもやらさせていただきました。本文は五号、基本の強調は四号、見出しは三号、強調でところによって二号から初号のサイズでと、文字の大きさを活字ベースで設定しています ……

read more »

谷山恭子 なぜその風景が面白いのか

2016年の7月から3ヶ月以上に渡って府中市美術館で公開制作された現代美術作家 谷山恭子さんの展示会のフライヤーを担当させていただきました。 「それぞれの土地の持つ属性」と「そこに含まれる個人の主観」との間を繋げ直すとい ……

read more »

〔はたらくくるまシリーズ〕こうじのくるま

コヨセ ジュンジさんの新作の絵本を担当させていただきました。 中面のレイアウトもやらさせていただいてます。 最初にいただいたラフを元に全ページのレイアウトを起こしながら、こちらのアイデアも提案させていただいたりと、非常に ……

read more »

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

ザ・ビートルズの「リボルバー」から「アビー・ロード」までのほぼすべてのレコーディングでエンジニアを務めた方の回顧録です。 「ほぼすべて」と書いたのは実際には「ホワイト・アルバム」の途中でスタジオの雰囲気にいたたまれなくな ……

read more »

〔ストレンジ・フィクション〕ロデリック

ストレンジ・フィクション・シリーズの最終巻です。前回から実に3年ぶり。初巻から6年越しで完結です。 装画を小岐須雅之さんにお願いしたのは狙い通りでした。 本文を読むと、このロデリックはもっと単純な造作で作られているように ……

read more »

英語冠詞大講座

英語の冠詞は難しいんだそうです。英語を長年勉強してきた人でも難しいらしいです。なぜなら発話者のイメージに左右されることもあり、ネイティブでもある程度揺らぎがあるからだそうです。でも、論理的に押さえられるところはしっかり押 ……

read more »

ナショナル ジオグラフィック 秘密の地下世界

「究極の洞窟」につづいて暗いところです。 洞窟は一応自然にできたものを指すのだと思いますが、こちらは人間の手で作られたものを含みます。 トルコ・イスタンブールの地下貯水槽。古代ローマ時代から19世紀まで建築用の岩が切り出 ……

read more »

あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。

ひすいさんの本は「あした死ぬかもよ?」という本に続いてこれが二冊目です。もうタイトル通りで、あなたの「視点」「認識」がいまのあなたを作っているんですよ。ということでしょう。  

read more »

ケンブリッジ・オックスフォード 合格基準 英国エリートたちの思考力

「オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題と著者がそれに対して真面目に模範「回答」を書いています。が、問題そのものが考え方を導き出すような、答えがひとつではない質問になっているので、真面目に回答しようとすればする ……

read more »

オンライン英会話 すぐに使えるフレーズ800

オビなしの本です。 そういう本の場合、オビの要素をカバーの構成要素としてどう取り入れていくかというのがキモになるのですが、これはかなり積極的に絡めていった例(当社比)になります。 こういう場合のヒントはガイドラインの引き ……

read more »

キング・オブ・スタイル 衣装が語るマイケル・ジャクソンの世界

我が人生初のマイコー本です。 マイコーについてはいろいろ思うところがあるのですが、2015年にケンドリック・ラマーが出した「To Pimp a Butterfly」で数回ケンドリックがマイコーについて言及していて、なんと ……

read more »

メンタルが強い人がやめた13の習慣

この本はもともとブログに投稿されたものが評判になり、フォーブス誌のウェブ版に転載された後、たくさんの読者を獲得し、のちに書籍化されたものだそうです。 著者は心理療法士として患者さんを見た経験と最愛の人を相次いで亡くした自 ……

read more »

ナショジオが行ってみた究極の洞窟

カメラを撮影する際に「ISO感度」というのをフィルムの場合は選択、デジタルの場合は設定するのですが、その数値が大きくなればなるほど暗いところでの撮影が容易になります。 レンズの絞りとシャッタースピードとISO感度が関連す ……

read more »

あなたの自己回復力を育てる 認知行動療法とレジリエンス

2010年に同じ出版社から出ていて、わたしがブック・デザインを担当させていただいた「認知行動療法100のポイント」の共著者のひとりがこの本の著者なので、その本(このHPの一番最後のページにあります)と兄弟に見えるようにデ ……

read more »

アディクション臨床入門 家族支援は終わらない

昔はアルコール中毒やニコチン中毒と「中毒」という表現をしていましたが、現在ではその状態のことを「アディクション(嗜癖)」と呼ぶのだそうです。「中毒」と「アディクション」の間の時期は「依存症」とも言っていました。かつて「中 ……

read more »

学校図書 中学校 国語 1〜3

中学校の国語の教科書のデザインを担当させていただきました。「指導要領が改訂されるたびに追加されつづけている教科目標のおかげで非常に複雑な教科書になっている」というのが最初お話をいただいた際に全社の教科書を見た時の印象でし ……

read more »

学校図書 中学校 国語 1

今回の中学校の国語の教科書に素敵な絵を書き下ろしてもらったのがクサナギシンペイさんです。1年生は「日本の動物」がテーマで、表紙と各扉ですべて共通させています。1年生の表紙はカモシカ。 さらに巻頭には詩「谷川俊太郎 はる」 ……

read more »

学校図書 中学校 国語 2

2年生は「日本の花」がテーマで、表紙は侘助。 巻頭詩は「草野心平 おたまじゃくしたち四五匹」です。  

read more »

学校図書 中学校 国語 3

3年生は「日本の鳥」がテーマで、表紙は丹頂鶴。 巻頭詩は「長田弘 最初の質問」です。  

read more »

学校図書 中学校 国語 編集の主旨と特色/観点別内容と特色

教科書を採択する際に参考にされる資料も作成しました。普通はこの二つ(「編集の主旨と特色」と「観点別内容と特色」)は二冊に分冊するのですが、予算の都合もあり、ちょっと工夫して一冊にまとめました。 「編集の主旨と特色」は縦組 ……

read more »

かわいくて愛すべき生きもの。大阪のおっちゃん!

版面もしくはマージンというのは逸脱するために設定する基準線だと思います。逸脱しようにも基準がなければ逸脱できませんから。  

read more »

やさしいみんなのペアレント・トレーニング入門 ACTの育児支援ガイド

サブタイトルは「ACTの育児支援ガイド」です。「ACT」とは「Acceptance & Commitment Therapy(アクセプト&コミットメント・セラピー)」の略で直訳すると「受け入れて関わる心理療法」 ……

read more »

ナショナル ジオグラフィック 世界の美しい聖地

「空」「世界遺産」とつづいて、今度は「聖地」です。今までよりは読み物に近い感じの構成になりました。ただ写真を見るだけでなく、その背景にある歴史を知ったうえで理解される美しさです。  

read more »

ナショナル ジオグラフィック 絶景世界遺産

「空から見た美しき世界」が好評だったので、同じ版型で今度は世界遺産です。これが後々ゆるいシリーズのようになっていくのですが、ナショジオの持っているコンテンツ力を実感させられることとなります。もちろんコンテンツ力だけじゃ駄 ……

read more »

ナショナル ジオグラフィック 空から見た美しき世界

ナショナル ジオグラフィックから出ている写真集です。さすがのコンテンツ力。世界中さまざまな場所の空撮写真が美しいです。 本文レイアウトもすべてやらさせていただいてます。基本的には写真を活かすこととページ繰りのリズムを大切 ……

read more »

ライオンのひみつ

としょかんのいりぐちにある、いしでできたライオンにおこるふしぎなできごと。     本文組みもやらさせていただいてます。  

read more »

レ・ミゼラブル〈上・下〉

もはや説明いらず。ミュージカルのアイキャッチにもなっている有名な絵ですが、もとは「1879年-1882年出版のユーグ版のために画家エミール・バヤールによって描かれたコゼットの木版画」(Wikipediaより)だそうです。 ……

read more »

おそろし山

本編を通じてずーーーっと風が吹いているように感じる作品です。なので、原著ではテキストがイタリックで組まれています。 日本語にはイタリックは存在しないので、同じ効果を出すために文字を斜めに傾ける訳ですが、その際「何度傾ける ……

read more »

神様降臨

「3秒」のマルク=アントワーヌ・マチューの日本での最新作です。一筋縄ではいかない、かなり哲学的なマンガです。もともとヨーロッパにおいて、科学だったり芸術というものは「神の被造物であるこの世界を理解するため」に発展してきた ……

read more »

〔ストレンジ・フィクション〕ほかの惑星への気楽な旅

ストレンジ・フィクション・シリーズの四冊目です。最初に言い分から入って恐縮ですが、様々な理由から当HPの更新回数は寡少になっております。忙しかったり、単に面倒だったりするからですが、この本も2年以上前のことなので正直よく ……

read more »

メンドクサイ

最近会った若い人と少し話しててちょっと気になったので、普段漠然と考えていたり何かのたびにそのつど思ってたりしてたことをひとつの文章としてまとめてみました。自分でもなんでこんなこと書かなきゃいけないんだか訳が分かりませんが ……

read more »

みんなの死にかた

さまざまな方(基本的には有名人と呼ばれる方たち)の死にかたを描いているのですが、それは当然逆説的に生きかたを描くことでもあるわけです。個人的には40歳を過ぎてから「人生の一回性」というものに本気で気がつくというのろまな人 ……

read more »

IT hihyo 03

IT批評 Vol.3

最初に技術的な話をしておきます。ファーストヴィンテージに改UV161コンク白を一度刷りです。ほんとは三度、できれば二度刷りたいところですが、なかなかそう贅沢は言ってられないので、一度刷りです。なんですが、一度でも白が効果 ……

read more »

ANIMAL FARM

動物農場

本編自体が150ページ弱の長さで、巻末に開高健氏のすばらしい解説と訳者である高畠氏のしっかりした解説があるので未読の方はどこかのタイミングで読んでみてもいいんじゃないかと思います。 ロシア革命とそのあとに続くスターリンの ……

read more »

eric jacket

エリック

以前に紹介したショーン・タン『遠い町から来た話』の中にあるひとつの話「エリック」を取り上げて、ひとつの小さな本にまとめたものです。 「遠い町から来た話」の時はヒラギノ明朝W3と游築五号仮名W3の組み合わせを使いましたが、 ……

read more »

イラストの売り込みについて(2014.4.14)

たまにファイルの送付についてお問い合わせをいただくことがあるのですが、ファイルなら問い合わせなくとも勝手に送ってきちゃって構いません(A4サイズがベターだと思います。)。どんな巡り合わせがあるか分からないので、どうぞ遠慮 ……

read more »

The Bird King Jacket

鳥の王さま ショーン・タンのスケッチブック

「アライバル」「遠い町から来た話」「ロスト・シング」とあって、そのうちのどれか一冊でも気に入った人はこの本をすごく楽しめると思います。なぜならその気に入った本がどんなアイデアやスケッチから発芽したのかを発見できるからです ……

read more »

The Lost Thing DVD Box Set

ロスト・シング DVD ボックスセット

この原作となっている絵本が本国で発売されたのが2000年で、それを映像化するにあたってショーンさん自身が監督・脚本・デザイン・美術をつとめて、なんと10年後に出来上がったのがこの映画です。 BOX SETの中身はDVDと ……

read more »

The Lost Thing

ロスト・シング

ショーン・タンさんの絵本です。これをショーンさん自身が映像化した作品がアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞してます。そのDVDのパッケージも担当させていただいていますが、まずはこちらを。 お話は、主人公が奇妙な迷子の生 ……

read more »

The Midnight Zoo

真夜中の動物園

舞台は第二次大戦中の東欧、主人公はロマの兄弟。逃げ込んだ動物園で真夜中の空爆。すると人のいないはずなのに話し声が…それは動物園の動物たちだった。彼らは話しはじめる。檻のなかから観察してきた人や村、戦争のこと、そして…

read more »

archives BUFFALO.GYM Site 2006〜2011

archives

ウチではホームページというのを過去2回リニューアルしてきています。はたしてホームページというものを持っていて、どのくらいの効果なり意味みたいなものがあるのかどうかはさておき、「とりあえず持っておくもの」というくらいまでに ……

read more »

motivations 01

モティベーションをまなぶ12の理論 ゼロからわかる「やる気の心理学」入門!

最近ビジネス書の棚に人文系の本がよく置かれるようになってきているそうです。この本はそのビジネス書を読むような人から、心理学の専門家予備群の人たちまでをターゲットにできる、ちょっと特殊だけど、いまっぽい内容の本です。 「構 ……

read more »

NO NUKES POSTER BOOK

原発と放射能の問題を考える200の方法

文部科学省と経済産業省が主催で、「原子力ポスターコンクール」を開催してい「た」のですが、それに対抗して、ツィッターを起点に盛りあがってはじまった「脱原発ポスター展」というウェブで国内外からポスターを募集しているサイトに集 ……

read more »

LA JAZZ NOIR

LA・ジャズ・ノワール

レスター・ヤングからなんとデヴィッド・アクセルロッド、マッド・リブまでを網羅して「ウェスト・コースト・ジャズ(ミュージック)」をとらえ直そうという中山康樹さんの意欲作です。面白いです。 ウェスト・コースト・ジャズというと ……

read more »

3 secondes jacket

3秒

紙とデジタルで同時出版をしたちょっと変わったフランスのBD(ベーデー)です。ズームと反射、反射とズームを繰り返しながら3秒という時間に起こる事件を切り取るというアイデアが素晴らしい作品です。 フランスは日本とはまた違った ……

read more »

KYOCO TANIYAMA web_01

谷山恭子 WEB SITE

現代美術作家 谷山恭子さんのホーム・ページを担当させていただきました。 実はお話をいただいてから数カ月眠らせてしまいました。理由はアーティストの作品をウェブでどうアーカイブしていくかという課題が難しかったのと、展覧会とプ ……

read more »

石巻カレンダー

石巻にカレンダーを届けるプロジェクト

フォトグラファーの回里純子さんが中心になって活動されているタカラモノ123というプロジェクトが、そのプロジェクトの延長で企画された「石巻に東京の子供たちが描いた絵を使ったカレンダーを届ける」というプロジェクトでデザインを ……

read more »

lat-long-project

lat/long-project I’m here. ここにいるよ。

現代美術作家 谷山恭子さんの「墨東まち見世2011」100日プロジェクト個展用のチラシをデザインさせていただきました。 GPSで緯度経度を計測すると小数点のない切りのいい地点というのがあって、そういう地点というのはもちろ ……

read more »

新ネットワーク思考 カバー

新ネットワーク思考 世界のしくみを読み解く

もう10年も前の仕事ですけど、最近立て続けに面白いことが起きたので、記事を書いてみることにしました。 数カ月前、たまたま入った本屋さんでこの本が他の関連本と特集という形で面出しされているのを見かけました。手に取ってみると ……

read more »

oxbridge jacket

オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題 あなたは自分を利口だと思いますか?

オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題と著者がそれに対して真面目に模範「回答」を書いています。が、問題そのものが考え方を導き出すような、答えがひとつではない質問になっているので、真面目に回答しようとすればするほ ……

read more »

罪と罰〈上・下〉

罪と罰〈上・下〉

説明不要でしょうか。ドストエフスキーの『罪と罰』です。ロシア構成主義「風」です。細かい話をはじめると、ドストエフスキーがこの『罪と罰』を書いた後年(40〜50年くらい後)にロシア構成主義が…

read more »

英語で伝えたい ふつうの日本 カバー

英語で伝えたい ふつうの日本

NHK教育テレビ『トラッドジャパン』という番組で講師を務められているお二人の共著本です。

日本人が日本のことを英語を使って伝える時に紋切り型でない表現でかつ深い愛情を持って、「ふつうの日本」を語れるようになりましょう。というのが…

read more »

いずれは死ぬ身 カバー

いずれは死ぬ身

編訳の柴田元幸さんが、現代の英語で書かれた短編小説を自由に選んで訳すという連載を雑誌『エスクァイヤ 日本版』でされていた時の中から数編と、他に単発で翻訳・掲載していたものを集めたアンソロジーです。表題になっているのは…

read more »

遠い町から来た話 カバー

遠い町から来た話

アライバルのショーン・タンによる今度はテキストありの絵本です。全部で14のショート・ストーリーがあり、しかもその一つひとつの画風がすべて違っているという凝りようです。そしてあるんです。テキストが。手描きもいっぱい…

read more »

ちょっとの希望と

ちょっと唐突なようですが、建礼門院右京大夫(けんれいもんいんのうきょうのだいぶ)という平安時代末期から鎌倉時代初期に生きた歌人がこんな歌を詠んでいます。

「月をこそながめなれしか

    星の夜の深きあはれを今宵知りぬる」

要約すると「月を眺めるのはこれまでも慣れていたけど、星の夜の深い『あはれ』というものを今夜はじめて知った」ということです。

実は和歌には星の歌っていうのはほとんどないんですが、この歌はその例外のひとつです。

read more »

にほんごのご さん

にほんごのご さん

「に」で日本語は抽象的な概念をほとんど漢字に負っていると書きました。ちょっと予定を変更して、これが一体どういうことなのかを具体的な例を挙げながらみていきましょう。

漢字が日本に輸入された当時の日本には文字はなかったようです。少なくとも漢字ほど体系的な文字はなかったようです。しかし、口語でされる日本語というのはもちろん…

read more »

にほんごのご に

にほんごのご に

とりあえず歴史をなぞるところからはじめることにしましょう。日本語にはご存知のように漢字、平仮名、片仮名という3種類の文字があります。それらの文字はすべて漢字から派生していて、そもそもその漢字は中国から仏教とともに日本に入ってきたとされています。教典とそれから寺院などの建築技術習得のために文字を取り入れた…

read more »

にほんごのご いち

にほんごのご いち

リニューアルする前のHPで一時期、歴史を辿りながら日本語の特徴や性質を勉強しなおすことで、そこから日本人独自のもののとらえ方や考え方が見えてくるんじゃないかという、意欲だけはありながら結局放置状態になっていたトライアルがありました。放置状態になってしまったのは…

read more »

HPをリニューアルしました。

なんだか更新してるんだかしてないんだか分からない状態になっていたので、リニューアルしてみました。といってもまだ全てが整ったというわけではないのですが、とりあえず試運転。 前のHPで「news,notes」というのを別建て ……

read more »

あの空の下で

あの空の下で

ANAの機内誌「翼の王国」に連載している短編とエッセイをまとめたものです。森本さんの写真がいいですねぇ。この写真の色を再現するのにプロセスの4色では無理でした。そこで…

read more »

IT批評2号表紙

IT批評 Vol.2

この号から毎号の本文レイアウトにも深く関われるようにさせてもらいました。そして、この号を制作中に大きな出来事がありました。「3.11」です。

まさにソーシャルメディアがしっかりと機能する…

read more »

新・銀河ヒッチハイクガイド

新・銀河ヒッチハイクガイド

書かれずに終わっていた、ダグラス・アダムスの「銀河ヒッチハイクガイド」三部作の第六作をオーエン・コルファーが書いたというもので、ダグラスの「銀河」ファンは結構やきもきしたのでは…

read more »

アライバル

アライバル

ショーン・タンというオーストラリアの絵本作家が描いた、文字のない絵本です。

海外のビジュアル本を日本語にする際にはグラフィックの翻訳みたいなことをしているんです。でも…

read more »

西のはての年代記

西のはての年代記 Ⅰ〜Ⅲ

『ゲド戦記』で有名な「ル=グイン」による最新作です。失礼ながら、まだご存命であることを知りませんでした。ものすごい力作であります…

read more »

ドクター・ラット

〔ストレンジ・フィクション〕ドクター・ラット

ストレンジ・フィクション・シリーズの三冊目です。前二作もでしたが、これもすざまじい物語です。途中まで読んで挫折する人もいるかもしれません。なぜかというと「人類」と「文明」を突きつけられる…

read more »

ストレンジ・トイズ

〔ストレンジ・フィクション〕ストレンジ・トイズ

ストレンジ・フィクション・シリーズの第二冊目です。一冊目のエステルハージ博士の事件簿と比べてみて見ると、どういう風にシリーズ感を設定しているかが分かると思います。造本設計については…

read more »

ロールシャッハの鮫

ロールシャッハの鮫

これがデビュー作になるイギリス人作家の長編小説。デビュー作で500ページ越。背幅4センチ!

小説は言葉で書かれていて、言葉は概念を作りだす。だからその概念の中だけに存在する世界を小説で…

read more »

翼のある猫カバー

翼のある猫

オランダ発のファンタジーです。

現代と「ウマイヤ」という別世界を時間旅行をして行き来しながら物語が進んでいきます。ファンタジーというのは作家が選択したメタファーを…

read more »

IT批評1号表紙

IT批評 創刊1号

この号を作っていたのは、「ガラパゴス」という言葉の呪縛からすこしづつ抜け出そうという意識の出てきたタイミングでした。そこでのキーワードが「プラットフォーム」という…

read more »

エステルハージ博士の事件簿

〔ストレンジ・フィクション〕エステルハージ博士の事件簿

ストレンジ・フィクションというシリーズの第一冊目です。いわゆる「幻の名作・迷作」と言われつつず〜っと邦訳が出なかったものを順次刊行していこうという意欲たっぷりのシリーズで…

read more »

↑ page top
← back

1 2 next >>