works

ウサギ

ジョン・マーズデン 文 ショーン・タン 絵

岸本佐知子 訳

河出書房新社

2021

ウサギ

book, 2021/01


人に歴史あり。ショーン・タン以前のショーン・タンという感じでしょうか。まぎれもなくショーン・タンだけどショーン・タンじゃない。みたいな。この本はオーストラリアという国家が出来上がる端緒をモチーフにした絵本なんでしょう。しかし、もう少し踏み込むと、歴史というものは視点をどこに置くかで見え方が変わるということと、「そもそも我々はどうしてこういうことになっているのか」を辿る道具たりえるものなので、現在をあるべき良い姿とみなして、そこへいたる歴史をその都合に合わせて、不要と思われるものを削除しようとする人間を「歴史修正主義者(Revisonist)」と「蔑称」で呼びます。この本は複数の視点を用意しながら「どうしてこういうことになっているのか」を考えるように作られています。それはこういう自覚をうながします。「我々はウサギに攻め込まれつつ同時にウサギでもある」と。

 

↑ page top
← back