works

自意識過剰!

酒井順子 著

林幸子 装画

集英社

2008

自意識過剰!

book, 2008/09

このくちばしと羽根は「過剰な自意識を身にまとった人が他人からどのように見えるか」という、誰もが一度は世間に晒したことのある姿です。

逆にいうといくら過剰な自意識と言っても、この程度と見ることもできるんじゃないでしょうか?

内容はといえば、いろんな自意識の次元が次々に用意されている、めくるめく自意識の螺旋。という感じです。面白いです。


↑ page top
← back