works

良き統治 大統領制化する民主主義

ピエール・ロザンヴァロン

古城毅・赤羽悠・安藤裕介・稲永祐介・永見瑞木・中村督 訳

みすず書房

2020

book, 2020/03

幼稚で無責任な人間が自らを最高責任者と呼んでいる景色を数年間見させられ続けていたらアメリカでも同じような現象が立ち現れた。というような時期にこの本のデザインを依頼されたのですが、2020年6月になって、かの国ではかなり思い切った形で、この国でも少しづつ少しづつという感じで、どのようなところに落ち着くのかは未だ不明ですが、潮目が変わった感じがしますね。というタイミングでこの本です。撮影する際に撮り忘れてしまったのですが、帯の背には「承認の民主主義から行使の民主主義へ」という文字があります。

アメリカで起こっていることはいずれまとまった形で何冊も本が書かれるだろうと思いますが、まるでM. L. キング Jr.の『自由への大いなる歩み』に書かれていたような大きなうねりを私は感じています。

みすず書房の本はこれで三冊目になりました。その出版社「らしさ」みたいなものを保ち続けられている数少ない会社だと思うので、そこを私なりに継承しながらも新鮮味も出していけたらと試行錯誤させてもらっている楽しい仕事のひとつです。

 


↑ page top
← back