news,notes

メンドクサイ

最近会った若い人と少し話しててちょっと気になったので、普段漠然と考えていたり何かのたびにそのつど思ってたりしてたことをひ……

read more »

news,notes

イラストの売り込みについて(2014.4.14)

たまにファイルの送付についてお問い合わせをいただくことがあるのですが、ファイルなら問い合わせなくとも勝手に送ってきちゃっ……

read more »

news,notes

archives BUFFALO.GYM Site 2006〜2011

archives

ウチではホームページというのを過去2回リニューアルしてきています。はたしてホームページというものを持っていて、どのくらい……

read more »

news,notes

ちょっとの希望と

ちょっと唐突なようですが、建礼門院右京大夫(けんれいもんいんのうきょうのだいぶ)という平安時代末期から鎌倉時代初期に生きた歌人がこんな歌を詠んでいます。

「月をこそながめなれしか

    星の夜の深きあはれを今宵知りぬる」

要約すると「月を眺めるのはこれまでも慣れていたけど、星の夜の深い『あはれ』というものを今夜はじめて知った」ということです。

実は和歌には星の歌っていうのはほとんどないんですが、この歌はその例外のひとつです。

read more »

↑ page top
← back

1