〔はたらくくるまシリーズ〕まちのくるま

はたらくくるまシリーズの第二弾で今回はまちのくるまです。 カバーと表紙はプロセス4色に特色1色の5色印刷。本文は試行錯誤……

read more »

生存する意識 植物状態の患者と対話する

この本の眼目をプロローグから引用しますが「物事を認識する能力が皆無だと思われている植物状態の人の15〜20パーセントは、……

read more »

カウンセリングテクニック入門 プロカウンセラーの技法30

この本はもともと「臨床心理学増刊第7号」として刊行されたものの単行本化です。 ここにアップし忘れてますが、第7号の表紙も……

read more »

臨床心理学増刊第10号「当事者研究と専門知 生き延びるための知の再配置」

臨床心理学増刊第9号「みんなの当事者研究」の記事でめんどくさいと書いてしまいましたが、この本の冒頭で責任編集の熊谷さんが……

read more »

臨床心理学増刊第9号「みんなの当事者研究」

ちょっと誤解があるかもしれませんが、私が理解している範囲のことを書きます。「坂本龍馬はアスペルガー症候群だった」みたいな……

read more »

バビロンの大金持ち

read more »

Command and Control

核は暴走する アメリカ核開発と安全性をめぐる闘い〈上・下〉

核兵器が世界から完全になくなったとしても、それで世界が平和になるわけではない。しかし、核が使われたらどんなことになるのか……

read more »

「蓋然性」の探求 古代の推論術から確率論の誕生まで

蓋然性(probability)に「」(カギカッコ)がついていなかったら、このタイトルの組み方は not probabl……

read more »

メンタルが強い親がやめた13の習慣

この本の最初に出てくるものが「わが子に被害者意識を持たせる習慣」で、「多くの場合、被害者意識は自己暗示に変わる」。そして……

read more »

オックスフォード&ケンブリッジ大学 さらに世界一「考えさせられる」入試問題 「まだ、あなたは自分が利口だと思いますか?」

read more »

オックスフォード&ケンブリッジ大学 世界一「考えさせられる」入試問題 「あなたは自分を利口だと思いますか?」

以前に単行本も担当させていただいていた本の文庫版になります。以前にもましてタイトルが長〜くなってます。 2017年の11……

read more »

火星からの侵略 パニックの心理学的研究

1938年のハロウィンの晩にオーソン・ウェルズが、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』を題材にしたラジオドラマを放送。それを聞……

read more »

1日1つ、なしとげる! 米海軍特殊部隊SEALsの教え

いい本です。個人的には戦争そのものすら受け入れる気持ちはなく、彼は軍人で人も殺している訳ですからちょっと複雑なんですが、……

read more »

英語で伝えたい日本紹介きほんフレーズ2100

 

read more »

ライニング・サイエンス「走る」を科学する

 

read more »

最善の結果を出す最強コミュニケーション 念のため思考

イベント・フローラル・デザイナーとしてアメリカで成功している徳升笑子さんの初の著書です。 失敗しないために「念のため思考……

read more »

東大名誉教授と原文で楽しむ 英文読書術

「外国語を覚える(習得するのに)一番いいのはその言語で書かれた本をなんでもいいから読んでみることだ。分からない単語があっ……

read more »

英語語彙大講座

以前にデザインさせていただいた、『英語冠詞大講座』の第二弾です。前回と、どこを変えてどこを変えないか。です。  

read more »

ザ・ビートルズ史〈誕生〉上・下

ザ・ビートルズ研究の第一人者といわれているマーク・ルイソン(Mark Lewisohn)がライフワークとして、ザ・ビート……

read more »

ザ・ビートルズ・サウンドを創った男─耳こそはすべて─

「The Fifth Beatle」と呼ばれている人物は何人かいますし、ザ・ビートルズのメンバーたちも誰を「五人目のビー……

read more »

河江肖剰の最新ピラミッド入門

「ピラミッドといえば」で思い浮かぶ名前が世代によって違うでしょうが、今後はこの河江肖剰さんになるだろうということです。 ……

read more »

催眠をはじめるときに知っておきたかった101のこと

『治療は言葉によって行われています。』 この一行を引用するだけで、この本の価値が分かると思います。  

read more »

オリエンタルピアノ

本の内容については毎日新聞「今週の本棚」で池澤夏樹さんが書評『アラブからヨーロッパへ 融和の誘い』というのをお書きになっ……

read more »

プロ通訳士が教える はじめてのボランティア英語ガイド

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるのに伴い、ボランティアで英語のガイドをしようという方が増えている……

read more »

時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人

ロックフェラーが億万長者になるまでに46年。デル・コンピューターのマイケル・デルは14年。ビル・ゲイツは12年。ヤフーが……

read more »

読むだけでやせ体質になる! こころとからだのダイエット・セラピー

以前、別の形で出版されていたものの改装版です。 本文の流し込みもやらさせていただきました。本文は五号、基本の強調は四号、……

read more »

〔はたらくくるまシリーズ〕こうじのくるま

コヨセ ジュンジさんの新作の絵本を担当させていただきました。 中面のレイアウトもやらさせていただいてます。 最初にいただ……

read more »

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

ザ・ビートルズの「リボルバー」から「アビー・ロード」までのほぼすべてのレコーディングでエンジニアを務めた方の回顧録です。……

read more »

〔ストレンジ・フィクション〕ロデリック

ストレンジ・フィクション・シリーズの最終巻です。前回から実に3年ぶり。初巻から6年越しで完結です。 装画を小岐須雅之さん……

read more »

英語冠詞大講座

英語の冠詞は難しいんだそうです。英語を長年勉強してきた人でも難しいらしいです。なぜなら発話者のイメージに左右されることも……

read more »

ナショナル ジオグラフィック 秘密の地下世界

「究極の洞窟」につづいて暗いところです。 洞窟は一応自然にできたものを指すのだと思いますが、こちらは人間の手で作られたも……

read more »

あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。

ひすいさんの本は「あした死ぬかもよ?」という本に続いてこれが二冊目です。もうタイトル通りで、あなたの「視点」「認識」がい……

read more »

ケンブリッジ・オックスフォード 合格基準 英国エリートたちの思考力

「オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題と著者がそれに対して真面目に模範「回答」を書いています。が、問題そのも……

read more »

オンライン英会話 すぐに使えるフレーズ800

オビなしの本です。 そういう本の場合、オビの要素をカバーの構成要素としてどう取り入れていくかというのがキモになるのですが……

read more »

キング・オブ・スタイル 衣装が語るマイケル・ジャクソンの世界

我が人生初のマイコー本です。 マイコーについてはいろいろ思うところがあるのですが、2015年にケンドリック・ラマーが出し……

read more »

メンタルが強い人がやめた13の習慣

この本はもともとブログに投稿されたものが評判になり、フォーブス誌のウェブ版に転載された後、たくさんの読者を獲得し、のちに……

read more »

ナショジオが行ってみた究極の洞窟

カメラを撮影する際に「ISO感度」というのをフィルムの場合は選択、デジタルの場合は設定するのですが、その数値が大きくなれ……

read more »

あなたの自己回復力を育てる 認知行動療法とレジリエンス

2010年に同じ出版社から出ていて、わたしがブック・デザインを担当させていただいた「認知行動療法100のポイント」の共著……

read more »

アディクション臨床入門 家族支援は終わらない

昔はアルコール中毒やニコチン中毒と「中毒」という表現をしていましたが、現在ではその状態のことを「アディクション(嗜癖)」……

read more »

学校図書 中学校 国語 1〜3

中学校の国語の教科書のデザインを担当させていただきました。「指導要領が改訂されるたびに追加されつづけている教科目標のおか……

read more »

学校図書 中学校 国語 1

今回の中学校の国語の教科書に素敵な絵を書き下ろしてもらったのがクサナギシンペイさんです。1年生は「日本の動物」がテーマで……

read more »

学校図書 中学校 国語 2

2年生は「日本の花」がテーマで、表紙は侘助。 巻頭詩は「草野心平 おたまじゃくしたち四五匹」です。  

read more »

学校図書 中学校 国語 3

3年生は「日本の鳥」がテーマで、表紙は丹頂鶴。 巻頭詩は「長田弘 最初の質問」です。  

read more »

かわいくて愛すべき生きもの。大阪のおっちゃん!

版面もしくはマージンというのは逸脱するために設定する基準線だと思います。逸脱しようにも基準がなければ逸脱できませんから。……

read more »

やさしいみんなのペアレント・トレーニング入門 ACTの育児支援ガイド

サブタイトルは「ACTの育児支援ガイド」です。「ACT」とは「Acceptance & Commitment ……

read more »

ナショナル ジオグラフィック 世界の美しい聖地

「空」「世界遺産」とつづいて、今度は「聖地」です。今までよりは読み物に近い感じの構成になりました。ただ写真を見るだけでな……

read more »

ナショナル ジオグラフィック 絶景世界遺産

「空から見た美しき世界」が好評だったので、同じ版型で今度は世界遺産です。これが後々ゆるいシリーズのようになっていくのです……

read more »

ナショナル ジオグラフィック 空から見た美しき世界

ナショナル ジオグラフィックから出ている写真集です。さすがのコンテンツ力。世界中さまざまな場所の空撮写真が美しいです。 ……

read more »

ライオンのひみつ

としょかんのいりぐちにある、いしでできたライオンにおこるふしぎなできごと。     本文組みもやらさせていただいてます。……

read more »

レ・ミゼラブル〈上・下〉

もはや説明いらず。ミュージカルのアイキャッチにもなっている有名な絵ですが、もとは「1879年-1882年出版のユーグ版の……

read more »

おそろし山

本編を通じてずーーーっと風が吹いているように感じる作品です。なので、原著ではテキストがイタリックで組まれています。 日本……

read more »

神様降臨

「3秒」のマルク=アントワーヌ・マチューの日本での最新作です。一筋縄ではいかない、かなり哲学的なマンガです。もともとヨー……

read more »

〔ストレンジ・フィクション〕ほかの惑星への気楽な旅

ストレンジ・フィクション・シリーズの四冊目です。最初に言い分から入って恐縮ですが、様々な理由から当HPの更新回数は寡少に……

read more »

みんなの死にかた

さまざまな方(基本的には有名人と呼ばれる方たち)の死にかたを描いているのですが、それは当然逆説的に生きかたを描くことでも……

read more »

ANIMAL FARM

動物農場

本編自体が150ページ弱の長さで、巻末に開高健氏のすばらしい解説と訳者である高畠氏のしっかりした解説があるので未読の方は……

read more »

eric jacket

エリック

以前に紹介したショーン・タン『遠い町から来た話』の中にあるひとつの話「エリック」を取り上げて、ひとつの小さな本にまとめた……

read more »

The Bird King Jacket

鳥の王さま ショーン・タンのスケッチブック

「アライバル」「遠い町から来た話」「ロスト・シング」とあって、そのうちのどれか一冊でも気に入った人はこの本をすごく楽しめ……

read more »

The Lost Thing DVD Box Set

ロスト・シング DVD ボックスセット

この原作となっている絵本が本国で発売されたのが2000年で、それを映像化するにあたってショーンさん自身が監督・脚本・デザ……

read more »

The Lost Thing

ロスト・シング

ショーン・タンさんの絵本です。これをショーンさん自身が映像化した作品がアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞してます。そ……

read more »

The Midnight Zoo

真夜中の動物園

舞台は第二次大戦中の東欧、主人公はロマの兄弟。逃げ込んだ動物園で真夜中の空爆。すると人のいないはずなのに話し声が…それは動物園の動物たちだった。彼らは話しはじめる。檻のなかから観察してきた人や村、戦争のこと、そして…

read more »

motivations 01

モティベーションをまなぶ12の理論 ゼロからわかる「やる気の心理学」入門!

最近ビジネス書の棚に人文系の本がよく置かれるようになってきているそうです。この本はそのビジネス書を読むような人から、心理……

read more »

NO NUKES POSTER BOOK

原発と放射能の問題を考える200の方法

文部科学省と経済産業省が主催で、「原子力ポスターコンクール」を開催してい「た」のですが、それに対抗して、ツィッターを起点……

read more »

LA JAZZ NOIR

LA・ジャズ・ノワール

レスター・ヤングからなんとデヴィッド・アクセルロッド、マッド・リブまでを網羅して「ウェスト・コースト・ジャズ(ミュージッ……

read more »

3 secondes jacket

3秒

紙とデジタルで同時出版をしたちょっと変わったフランスのBD(ベーデー)です。ズームと反射、反射とズームを繰り返しながら3……

read more »

新ネットワーク思考 カバー

新ネットワーク思考 世界のしくみを読み解く

もう10年も前の仕事ですけど、最近立て続けに面白いことが起きたので、記事を書いてみることにしました。 数カ月前、たまたま……

read more »

oxbridge jacket

オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題 あなたは自分を利口だと思いますか?

オックスフォード大学・ケンブリッジ大学の入試問題と著者がそれに対して真面目に模範「回答」を書いています。が、問題そのもの……

read more »

罪と罰〈上・下〉

罪と罰〈上・下〉

説明不要でしょうか。ドストエフスキーの『罪と罰』です。ロシア構成主義「風」です。細かい話をはじめると、ドストエフスキーがこの『罪と罰』を書いた後年(40〜50年くらい後)にロシア構成主義が…

read more »

英語で伝えたい ふつうの日本 カバー

英語で伝えたい ふつうの日本

NHK教育テレビ『トラッドジャパン』という番組で講師を務められているお二人の共著本です。

日本人が日本のことを英語を使って伝える時に紋切り型でない表現でかつ深い愛情を持って、「ふつうの日本」を語れるようになりましょう。というのが…

read more »

いずれは死ぬ身 カバー

いずれは死ぬ身

編訳の柴田元幸さんが、現代の英語で書かれた短編小説を自由に選んで訳すという連載を雑誌『エスクァイヤ 日本版』でされていた時の中から数編と、他に単発で翻訳・掲載していたものを集めたアンソロジーです。表題になっているのは…

read more »

遠い町から来た話 カバー

遠い町から来た話

アライバルのショーン・タンによる今度はテキストありの絵本です。全部で14のショート・ストーリーがあり、しかもその一つひとつの画風がすべて違っているという凝りようです。そしてあるんです。テキストが。手描きもいっぱい…

read more »

あの空の下で

あの空の下で

ANAの機内誌「翼の王国」に連載している短編とエッセイをまとめたものです。森本さんの写真がいいですねぇ。この写真の色を再現するのにプロセスの4色では無理でした。そこで…

read more »

新・銀河ヒッチハイクガイド

新・銀河ヒッチハイクガイド

書かれずに終わっていた、ダグラス・アダムスの「銀河ヒッチハイクガイド」三部作の第六作をオーエン・コルファーが書いたというもので、ダグラスの「銀河」ファンは結構やきもきしたのでは…

read more »

アライバル

アライバル

ショーン・タンというオーストラリアの絵本作家が描いた、文字のない絵本です。

海外のビジュアル本を日本語にする際にはグラフィックの翻訳みたいなことをしているんです。でも…

read more »

西のはての年代記

西のはての年代記 Ⅰ〜Ⅲ

『ゲド戦記』で有名な「ル=グイン」による最新作です。失礼ながら、まだご存命であることを知りませんでした。ものすごい力作であります…

read more »

ドクター・ラット

〔ストレンジ・フィクション〕ドクター・ラット

ストレンジ・フィクション・シリーズの三冊目です。前二作もでしたが、これもすざまじい物語です。途中まで読んで挫折する人もいるかもしれません。なぜかというと「人類」と「文明」を突きつけられる…

read more »

ストレンジ・トイズ

〔ストレンジ・フィクション〕ストレンジ・トイズ

ストレンジ・フィクション・シリーズの第二冊目です。一冊目のエステルハージ博士の事件簿と比べてみて見ると、どういう風にシリーズ感を設定しているかが分かると思います。造本設計については…

read more »

ロールシャッハの鮫

ロールシャッハの鮫

これがデビュー作になるイギリス人作家の長編小説。デビュー作で500ページ越。背幅4センチ!

小説は言葉で書かれていて、言葉は概念を作りだす。だからその概念の中だけに存在する世界を小説で…

read more »

翼のある猫カバー

翼のある猫

オランダ発のファンタジーです。

現代と「ウマイヤ」という別世界を時間旅行をして行き来しながら物語が進んでいきます。ファンタジーというのは作家が選択したメタファーを…

read more »

エステルハージ博士の事件簿

〔ストレンジ・フィクション〕エステルハージ博士の事件簿

ストレンジ・フィクションというシリーズの第一冊目です。いわゆる「幻の名作・迷作」と言われつつず〜っと邦訳が出なかったものを順次刊行していこうという意欲たっぷりのシリーズで…

read more »

ビートルズにいちばん近い記者カバー

ビートルズにいちばん近い記者 星加ルミ子のミュージック・ライフ

日本人ではじめてビートルズの単独会見に成功し、ミュージック・ライフ編集長も務めた星加ルミ子さんの半生記です。戦後日本の洋楽シーンはこの方抜きに語れない…

read more »

山上敏子の行動療法講義 カバー

山上敏子の行動療法講義 with 東大・下山研究室

行動療法の第一人者山上敏子さんが東京大学 大学院 臨床心理学コースの下山研究所というところで行った勉強会の模様を書籍としてまとめたものです。

すべての精神現象を「刺激⇄反応」という枠組…

read more »

深海の女王がゆく

深海の女王がゆく 水深1000メートルに見たもうひとつの地球

できることならず〜っと海の中に住んでいたいと嘘でなく言い切る海洋学者さんが書いた本の邦訳です。計6,500時間以上の潜水歴があり、サブタイトルにある通り深度1,000メートルに単独で潜水したことも…

read more »

かいじゅうたちのいるところメイキングブックカバー

かいじゅうたちのいるところ メイキングブック

スパイク・ジョーンズがいかにしてモーリス・センダックの「かいじゅうたち」を映像化していったのかが分かるメイキングブック。以前、「E.T.」のメイキングブックを担当したこともあるんですが…

read more »

うぬぼれ姫

柴門ふみ Best Collection Vol.1

年代にこだわらずに毎回一つのテーマに絞って柴門さんの作品を纏めるという企画の短編集です…

read more »

月の花 カバー

月の花

トゥルコウスキィのまっくら、奇妙にしずかに続く作品です。あいかわらずの緻密さ繊細さです…

read more »

ソキョートーキョー

ソキョートーキョー

写真評論、ノンフィクションなどジャンルを横断する作家、大竹昭子さんの初の長編小説。

世界観の構築の仕方とかがちょっと日本人離れしてて驚きました。カバーは大竹さんの強い希望で…

read more »

認知行動療法100のポイントオビ

認知行動療法100のポイント

認知行動療法という心理療法を学ぼうという専門家向けの本です。もともとはうつ病の治療のための療法だったのが、近年適用可能な範囲が広がっている…

read more »

かいじゅうたちのいるところ カバー

かいじゅうたちのいるところ

モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」をスパイク・ジョーンズが映画化するときに共同で脚本を書いていたのがこのデイヴ・エガーズです。しかし、これは映画のノヴェライズではありません…

read more »

大腸菌カバー

大腸菌 進化のカギを握るミクロな生命体

地球上で唯一DNAの配列が100%分かっている生物が大腸菌なんだそうです。

ペニシリンも大腸菌を媒介にして製造されており、さらにDNA配列を操作することにより様々な…

read more »

三銃士(上・中・下)

三銃士

三谷幸喜さん脚本のNHK人形劇がはじまるタイミングで、角川文庫の新装版を担当しました。旧版では上・下の二冊だったのですが、新装版で上・中・下の三冊になりました。この三冊になったおかげで…

read more »

ホット・ロック

ホット・ロック

1970年の作品で、(ほぼ)スラプスティック・クライム・ノベルという感じの作品です。面白いです。ぴったりなのを原子さんが描いてくれました。(ほぼ)ドタバタなので…

read more »

ウッドストックがやってくるカバー

ウッドストックがやってくる

WOODSTOCK MUSIC FESTIVALが実はウッドストックで開催されていないのは有名な話ですが、最終的に開催された場所を提供した人の自伝です。

アン・リーが映画化をしたので分かるかと…

read more »

初恋温泉

初恋温泉

文庫の難しくて面白い所は、大抵単行本っていうのが既にあるんですね。で、その単行本の装丁というのを見ながら打ち合わせをしたりする訳です…

read more »

ボブさんの誰にも書けないベースボール事件簿

ボブさんの誰にも書けないベースボール事件簿

『菊とバット』のロバート・ホワインティングさんが08年3月〜09年3月までに夕刊フジに連載していたコラムをまとめた本です。松坂大輔、上原浩治、川上憲伸、黒田博樹あたりがメジャーに行った頃です。あと忘れてならないのが野茂が事実上引退をした頃…

read more »

あなたが私を好きだった頃

あなたが私を好きだった頃

井形慶子さんの自伝的恋愛エッセイの文庫化にあたって、カバー・デザインを担当させていただきました…

read more »

華麗なるギャツビー

フィツジェラルド

角川文庫で出ているフィツジェラルドの著作全5冊です。装画にエドワード・ホッパーの絵を使っています。それぞれを読んでホッパーの絵にあたりながらイメージに合うものを担当の編集者さんと…

read more »

雪男たちの国カバー

雪男たちの国 ジョージ・ベルデンの日誌より

南極探検隊に参加したジョージ・ベルデンの書いた日誌をノーマン・ロックという人がサナトリウムの地下室で発見し、それを編集し直して出版した。ということになっている本です。日本でこれが翻訳される…

read more »

地球の静止する日

地球の静止する日

キアヌ・リーブス主演で『地球が静止する日』というタイトルで映画化された短編も入っているアンソロジーです。映画の方も観ましたが、まぁキアヌ・リーブスにはたまにある、あれ?っていう…

read more »

ひとはみな、自由カバー

ひとは みな、自由 世界人権宣言〜地球上のすべてのひとのために〜

アムネスティー・インターナショナルが世界30カ国で同時刊行した、世界人権宣言の60周年記念の絵本です。世界の28人のアーティストが人権宣言の30条ひとつ一つにあわせて絵を描いています…

read more »

トレヴェニアン

トレヴェニアン

トレヴェニアンという方の小説二編です。この方正体不明らしく、おそらくカナダ人だろうという事くらいしか分かってないそうです……

read more »

↑ page top
← back

1 2 next >>